読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お腹空いた・・腹減りごーやたんのグルメ農場

お料理ブログにするつもりですが食べて美味しかったもののレビューもします。

琉球泡盛多良川・酒蔵見学@宮古島

お出かけ情報 沖縄観光

先月10月に『宮古島プロレスまつり』で宮古島に行った際に、琉球泡盛多良川の酒蔵見学に行ってきた。

おいしい泡盛の試飲、洞窟貯蔵庫の見学など自分的にはとても楽しいポイントばかり。

大分期間が空いてしまったけど、なかなかよい宮古島観光スポットの1つだと思うのでご紹介。

琉球泡盛・多良川へ到着

f:id:go-yatan:20161102164929j:plain

10月16日にプロレス観戦、夜には居酒屋で酒盛。

寝不足気味で多良川へ到着。

 

多良川といえば看板商品はもちろん『多良川』だけど、『琉球王朝』という泡盛もなかなかの人気。

私の周囲でも琉球王朝おいしい!という人がちらほら。

f:id:go-yatan:20161102164924j:plain

島酒十特道をじっくりと読んでから中に入る。

 

まずはDVDで泡盛の製造工程を学ぶ。

泡盛はタイ米が原料、蒸した米に黒麹菌を散布、仕込み、蒸留、熟成と数々の工程を経て完成するのだそうな。

多良川若い泡盛でも1年以上寝かせるので、お店に並ぶまでかなりの日数を要する。

DVD鑑賞後には、試飲タイム!

f:id:go-yatan:20161102164928j:plain

ここにある泡盛のほとんどが試飲OK!下の段の4種類ほどをぺろぺろ試飲した♪

で、結局は十年原酒(度数42度)が一番おいしかった。

ちなみに十年原酒はここでしか買えないらしい。

 

洞窟貯蔵庫見学!

試飲タイムの次は、洞窟の貯蔵庫へ案内された。

f:id:go-yatan:20161102164930j:plain

『ウイピャーうぷうす蔵』、何かの呪文みたいだけどウイピャー森の大きな穴という意味なんだね。

神聖な場所として崇められているけど、ひんやりとした洞窟内の温度は泡盛を貯蔵するのに最適。

秘密基地のような雰囲気も最高!

f:id:go-yatan:20161102164935j:plain

中には一般の方から預かった泡盛の壺がずらり。

某・元野球選手の壺もあった。

f:id:go-yatan:20161102164938j:plain

壺もあれば瓶もある。

子供が生まれた記念、卒業記念、結婚記念、還暦記念と、何かの節目に泡盛を預ける人も多い。

三升壺なら5年間貯蔵で48,000円、一升瓶なら5年間貯蔵で10,300円で預けられるので、気になる方はぜひ!

 

そして洞窟を出て外へ。

f:id:go-yatan:20161102164940j:plain

こちらは『ももこ』。クラシックを聴かせて熟成させたお嬢さま泡盛。

ももこちゃんは試飲しなかったな~

 

宮古島の旅ではあまり予算を組んでなかったので、せっかくの泡盛貯蔵庫見学だったのに、ひとつも買わなかったのでした。

 

お酒好きの方は宮古島での観光コースに多良川酒蔵見学を組みこんでみては?

・見学料     無料
・定休日     日曜・旧盆・年末年始休暇
・受付時間     午前10時~午後4時
※土曜日休みになることもあるようなので、お問い合わせ要!

taragawa.co.jp